FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.09.27 (Fri)

実家でのんびり

こんにちは。恒です。

突然ですが、入院って疲れません?
私はだいぶ疲れました。

病院ってまず消灯が早いんですよ。9時とかなんですよ。
9時に寝ると明け方3時くらいに起きちゃうわけですよ。
6時間寝ちゃってるんで目は冴え冴えとしているわけですよ。
それで、3時から朝まで何をして過ごせばいいのかと悶々としてました。

頑張ってまた寝ついても、「ギィ~~」という音で目が覚めるんですよ。
たたんだ車椅子を元に戻したときに出る音なんだと思います。
同室の方々は歩くのも危うい高齢者だらけなものですから、私以外独り歩き禁止で、
トイレは必ず看護師さんと車椅子コースなんですよね。
で、皆さんお年寄りだからかトイレが近くて、「ギィ~~」はしょっちゅう鳴るんですよ。
寝ないにしてもやることないし、寝りゃ起こされるしで、夜の長さが本当につらかったです。

昼は昼で長いですしね。
最初の数日は苦しむ時間が長くて何も考えられなかったけど、
元気になってからはカーテンの中にいるのが本当に苦痛でした。
カーテンって誰でも開けられるじゃないですか。
中には、名前を呼んで、こちらが返事をしてから開けてくれる人もいますけど
声かけとカーテンを開けるのが同時の人が8割ですからね。
いつカーテンが開けられるか分からないと思うと
いつも神経が張り詰めて、あまりリラックスはできなかったです。

そんな入院疲れを癒すべく、2週間実家でのんびりしてました。
ごはんを食べちゃー部屋でゴロゴロしながら海外ドラマ見る、の繰り返しです。
(仕事は長い病休をもらっていました)
週末は父と海や川を見に行ったり、
家族と外食に行ったりもしましたね。

仕事を休んで好きなことだけしていたからか、2週間が一瞬で過ぎてしまいましたが
入院疲れは完全に癒えました。
1ヶ月半も仕事を休んでいるので仕事のやり方をほぼ忘れており、
10月からちゃんと復帰できるのかとても心配です。

「ブラインドタッチも出来なくなっているのでは」と思いましたが、
それはなんとか体が覚えていたので、
仕事の方も体が覚えていてくれるといいなあ……。

それではまた。
スポンサーサイト



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

    web拍手 by FC2
10:24  |  日記  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●お疲れさまでした

カーテン開けるのって、待っててくれるのは面会の方の一部だけでしたね(苦笑) あとは◯◯さ~~~んの二番目の(~)あたりで開けます(爆)

私の場合は心臓病病棟だったので、夜間帯のアラーム音とトイレに行く時のお友達(点滴スタンド)のカラカラ音で眠れませんでしたね。
まぁ普段人形(ひとがた)に囲まれて静かに寝ている訳ですから、
いきなりいびき大音量(私を含め)の6人部屋じゃあ。

と言うわけで、復活して下さりとても安心しました。
よかったです(●^o^●)
遠阪舞流豚 |  2019年09月30日(月) 14:25 |  URL |  【コメント編集】

●Re: お疲れさまでした

舞流豚さん、コメントありがとうございます。


> カーテン開けるのって、待っててくれるのは面会の方の一部だけでしたね(苦笑) あとは◯◯さ~~~んの二番目の(~)あたりで開けます(爆)

私の場合は、返事をするまで待っていてくれるのは異性のお医者さんくらいでした。
二番目の「~」、すごくよく分かりますw
「○○さ~~~ん」の1文字目の○のところで開ける人も結構いたので
パートナーのかわりに枕を抱いてたそがれているところを何度も目撃されましたw


> 私の場合は心臓病病棟だったので、夜間帯のアラーム音とトイレに行く時のお友達(点滴スタンド)のカラカラ音で眠れませんでしたね。
> まぁ普段人形(ひとがた)に囲まれて静かに寝ている訳ですから、
> いきなりいびき大音量(私を含め)の6人部屋じゃあ。

夜のアラーム音は、仕方ないとは分かっていても「勘弁してくれよ」という気持ちになります。
私はしょっちゅうお隣さんの点滴のアラーム音で起こされました。
退院して1ヶ月弱経った今でも「ピポピピポ♪」という音が忘れられません。
入院前は心の中に聞こえてくるドールの声くらいしか聞かずに暮らしていたので、
夜のいびきとアラーム音と車椅子の組み立て音は本当に苦痛でした。
具合が悪かった時に同室の方に優しくしてもらうなど、いい思い出もあるにはありますが
やっぱり家が一番です。


> と言うわけで、復活して下さりとても安心しました。
> よかったです(●^o^●)

体調不良と緊急入院で長い間放置状態だったのに、見捨てずにまた見に来ていただけて本当に嬉しいです。
舞流豚さんはこの夏に重大な命の危機を乗り越えられたようですね。
現在はご退院されて、おうちでご家族と楽しく過ごされているようでなによりです。
お互い一生付き合うものがあるので、無理せず暮らしていきましょう(´∀`)
恒(こう) |  2019年10月02日(水) 10:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |