FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.03.06 (Tue)

洋楽

youtubeで洋楽を聴きながら関連動画を巡っていたら、好みの曲に出会いました。
Avril Lavigneの「My happy ending」です。





好みというか、「それな!!」感がすごいというか。
いまだに心の中にわだかまりが残る、私の過去のとある人間関係そのものすぎて。

特に
「言っちゃ悪いけどロクな友達がいないね。
あなたの友達に私がなんて言われているか知ってるよ。
『うわ、めんどくさい奴だねww別れなよw』でしょ?
何も知らないくせによく言うよね。
あなたの友達は、私以前にあなたのことすら知らないでしょ?
友達に話すのは自分に都合のいいことばっかりで
あなたが私にどんな隠しごとをしていたか、どんなひどいことをしたかは話してないんでしょ?」
のところ。

その人にとって都合のいいことばかり話すから
こっちが悪者にされて散々悪口言われて、「ふざけんなよ肝心なところを何も知らないで」と思ったのは自分だけじゃないんだ。
この曲の主人公だけは自分と同じだ。

「こんな思いをしているのは自分だけじゃないだろうか」という孤独感によく苦しむけど、
ちょっと楽になるかもしれない。

なんだろうか。
別々の人生を歩んで数年経ったせいか、最近は攻撃的なことをあまり考えない。

「この裏切りは死んでも忘れない」「20代を返せ」「できるならスーパーの肉みたいにしてやりたい」
というやり場のない気持ちにも長いこと苦しんだけど、
そういった怒りや殺意は時間の経過とともに目減りしていって
最近50%を切った。

それはいいんだけど
減った殺意の部分に、今度は悲しみが入ってきた。
「なんでこうなったんだろう」「なにがいけなかったんだろう」
「元からこうなる未来しか無かったんだろうか」と。

I thought we could be (きっとうまくいくと思ってた)
You were everything, everything that I wanted(あなたはすべてだった。自分の望むすべてだった)
But we lost it(だけど失ってしまった)

まさにこの心境。
後悔はしていない。やり直したいわけでもない。
なのになんで悲しいんだろう。
悲しみを消化しきったら今度こそ忘れられるのだろうか。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
10:08  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |