2015年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2015.03.29 (Sun)

こたつみかん

こたつとみかんとシオンさん。


「なんかいきなり春だねぇ……こたつもそろそろしまい時かな」
(家でまったりしている設定なので髪を少しボサッとさせてあります)



「こうやって揉むとうまくなるんだよ。伊東家だかなんだかでやってたよ」



「タコ。」



みかんは自作です。ダイソーのねりけしで作りました。
小道具あると写真撮る楽しさが何倍にも増えるなぁ。もっと色々作ってみたいかも。


縦長に練り直してシワを入れるとにんじんに。

関係ないけど、会社の19歳の子が伊東家知らなくて愕然としました。
伊東家やってたころに生まれてない、または赤ちゃんだった子がもう働いてるのかよ。
スポンサーサイト
    web拍手 by FC2
21:48  |  人形全般  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.25 (Wed)

紙パックをたたむと

牛乳やジュースの紙パックは、洗ってたためば資源ゴミとして出せますが
めんどくさいのでそのまま潰し……かけたところにこんな一言。


「こっちはリサイクルを放棄して資源ゴミをただのゴミにしようとしたのに、ありがとうなんて言われたら……」
と、罪悪感に耐えられず洗いました。これ考えた人の思うツボですね。
    web拍手 by FC2
11:17  |  日記  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.13 (Fri)

カットマネキンのカスタムその2

こんにちは。
今回はメイク落とし&ごまかしメイク編です。
まずは除光液で眉を消していきます。


元の状態。



ちょっと薄めたただけでこの変わりよう。
夢に出てきそうな厚化粧の妖怪から、綺麗なお姉さんに変身。



かなり消したところにオリエント風の困り眉を描いたら
かなり幼い印象になり、顔自体も別人になりました。
もしかすると、顔の印象の半分は眉で決まるのでは……。


あと、このとき困り眉の良さが改めて分かりました。
困り眉考えた人すごい。
特にキスした後とかに良さを感じます。「もう、キス魔なんだから」な表情に見えて萌えます。悶えます。

まぁそんなことは置いといて。


元のペイントを除光液で消すのには限界がありました。

除光液パックしても、こすり倒してもこれ以上落ちない。

コンシーラー+ファンデーションでごまかしたりもしましたが
(眉頭のあたりがごまかしてあります)

やはり完璧に消したい。ということで紙やすりを使いました。



つるっと消えた。


画像をじっくり見た方はもうお気付きと思いますが、
目のくり抜きでやらかしちゃってます。

ガッタガタ。しかも瞼の部分まで削っちゃってる。
恒の「う」は不器用の「う」という言葉が脳裏をかすめました。

ここでも再びごまかしメイクです。
ガタガタした部分を、茶色か濃いグレー系の色で塗りつぶすのです。
私はチャコールグレーのパウダーアイブロウを使いました。
(眉もこれで描いてます。)

普通の丸っこいチップではなく、筆に近いような極細のチップだとガタガタ部分も塗りやすいです。



塗りつぶしました。




ガタガタが闇に紛れて目立たなくなったと思いませんか?
あ、私の視力の悪さゆえにそう見えてるだけだったらすみません。
こうなりたくなければ、丁寧に丁寧に削りましょう。

次回はアイメイク編を予定しています。
    web拍手 by FC2
09:02  |  等身大ドール  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.04 (Wed)

カットマネキンのカスタムその1

こんにちは。アクセスしていただき、ありがとうございます。
今回から数回に分けて、ド素人不器用野郎のカットマネキン改造を写真とともに紹介していこうと思います。
写真は生首だらけです。苦手な方は閲覧を控えてください。






無事うちに届いたカットマネキン。




まず台座を取り外してこのような状態にします。


……と、他のサイトさんでは大体あっさり書かれていますが、私はここが一番苦労しました。
取れないんですよ。中身の発泡ウレタン(?)にガッッチリとホールドされていて。
どうやって取ったかというと

2cmほど刃を出したカッターを、首と台座の境目に差し込む

カッターを引き抜く

さっき差し込んだとこの隣に刃を差し込む

を、首まわりを1周するまで繰り返しました。
次はカッターの刃を5cmくらいにしてもう1周。
するとかなりグラグラしたので、力技で引っこ抜きました。

大変でした……。
近所のゴリマッチョさんちに行って
「何も聞かずにこれを引っ張って外してくれませんか」と頼もうかと、一度だけ真剣に考えました。

「ピンポン鳴って玄関先にこんなの


立ってたらゴリマッチョさん不整脈おこすな」
と思って、自力で頑張りましたけど。


ゴリマッチョさんの心の平安が保たれたところで、ウレタン(?)の除去に移ります。

私はラジオペンチでやりました。かなり地道な作業です。



このように、ペンチが開いた状態で差し込み、
少しずつ力を入れてねじりつつ引き出すようにすると大きな塊が取れやすいです。
作業中は、巨人の耳かきをしている気分でした。



ウレタンを取った部分はこのように凹むようになり、


ウレタンが詰まった部分は、爪が白くなるほど押してもびくともしません。

柔らかくしたい部分はウレタンを取り、硬くしたい部分はそのままにしておくといいと思います。
でも、ソフビの薄くなっている部分はウレタンを完全に取ってしまうと、
中身の空洞の色が透けて黒っぽくなってしまいます。
そのへんはまぁお好みで。

額と髪の生えている部分はウレタンを残すことをおすすめしたいです。
頭を撫でたときの感触は硬いほうがリアルです。

つづく。



ここからはおまけです。


このカットマネキンは、ショートに見せかけて後ろ髪が結構長く
かといって結べるほど長いわけでもなく、作業の邪魔なので
遊び半分で奇抜な髪型にしてみました。

刈り上げ前下がりおかっぱに。

……いるけどね。たまに。こういう人。
    web拍手 by FC2
17:54  |  等身大ドール  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |