2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018.03.18 (Sun)

洋楽

とても嬉しいことがありました。

ある動画のBGMに使われていた曲をすごく気に入って、
スマホに聴かせたりして曲名を知ろうとしてたんですけど
一向に分からなかったんですよ。

でも、どうしても曲名を知ってフルで聴きたくて、
ものすごく頑張って英語の歌詞を耳で拾って検索したら
見つかったんです!

嬉しい!(・∀・)



間奏?というのか?
そんな感じのところでテンションが上がります。
カラオケで歌いたすぎる。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

    web拍手 by FC2
23:19  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.06 (Tue)

洋楽

youtubeで洋楽を聴きながら関連動画を巡っていたら、好みの曲に出会いました。
Avril Lavigneの「My happy ending」です。





好みというか、「それな!!」感がすごいというか。
いまだに心の中にわだかまりが残る、私の過去のとある人間関係そのものすぎて。

特に
「言っちゃ悪いけどロクな友達がいないね。
あなたの友達に私がなんて言われているか知ってるよ。
『うわ、めんどくさい奴だねww別れなよw』でしょ?
何も知らないくせによく言うよね。
あなたの友達は、私以前にあなたのことすら知らないでしょ?
友達に話すのは自分に都合のいいことばっかりで
あなたが私にどんな隠しごとをしていたか、どんなひどいことをしたかは話してないんでしょ?」
のところ。

その人にとって都合のいいことばかり話すから
こっちが悪者にされて散々悪口言われて、「ふざけんなよ肝心なところを何も知らないで」と思ったのは自分だけじゃないんだ。
この曲の主人公だけは自分と同じだ。

「こんな思いをしているのは自分だけじゃないだろうか」という孤独感によく苦しむけど、
ちょっと楽になるかもしれない。

なんだろうか。
別々の人生を歩んで数年経ったせいか、最近は攻撃的なことをあまり考えない。

「この裏切りは死んでも忘れない」「20代を返せ」「できるならスーパーの肉みたいにしてやりたい」
というやり場のない気持ちにも長いこと苦しんだけど、
そういった怒りや殺意は時間の経過とともに目減りしていって
最近50%を切った。

それはいいんだけど
減った殺意の部分に、今度は悲しみが入ってきた。
「なんでこうなったんだろう」「なにがいけなかったんだろう」
「元からこうなる未来しか無かったんだろうか」と。

I thought we could be (きっとうまくいくと思ってた)
You were everything, everything that I wanted(あなたはすべてだった。自分の望むすべてだった)
But we lost it(だけど失ってしまった)

まさにこの心境。
後悔はしていない。やり直したいわけでもない。
なのになんで悲しいんだろう。
悲しみを消化しきったら今度こそ忘れられるのだろうか。
    web拍手 by FC2
10:08  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.24 (Sun)

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は恵比寿ガーデンプレイスのカフェでデートしていました(*´ω`*)


テーマ : ヘタリア - ジャンル : アニメ・コミック

    web拍手 by FC2
21:20  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.02 (Sat)

軍服

こんにちは。最近軍服がキている恒です。



日本人だからかもしれませんが、日本の軍服(白の学ランっぽいの)が一番かっこよく感じます。
次がプロイセン(紺の上下に白のパイピング)。
なにこれ着たい。超着たい。あまりの着たさで、アマゾンで衣装探しました。
なんともバランスの悪い体型で上下セットの服が合ったためしがないので諦めましたが。
    web拍手 by FC2
12:42  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.21 (Mon)

モデルおしゃれオーディション

「モデルおしゃれオーディション」という、女児向け3DSソフトの体験版をダウンロードして遊んでます。

このゲームはドール趣味に通じるところがあります。
髪型と服装(と最新版ではメイク)をいじって好きなように女性キャラを作れて、いろいろなポーズをとったところが見られます。
表情(視線)や角度なども細かく変えられ、その中から可愛い組み合わせを探すのがとても楽しいです。


今回はこんな女の子を作ってみました。



普通科は白・特進科は薄水色というように
科ごとにシャツの色が違う、とある私立高校があったそうな。
この子は理数科で黒シャツ。
ド理系で他のことにはあまり興味がなく、年頃の女の子なのに寝癖すら直さない変わり者というところまで妄想した。
利発少女に黒シャツ、相性よすぎる。
(現実では制服に黒シャツ採用する学校ってまず無いだろうな。
ほこり目立つし夏場暑いし、洗濯ミスったら黒と灰色のまだら模様になりそうだ)




ベージュ系のチェックに薄紫の組み合わせ、好き。



きゃぴっ☆



「最近あっちの通りにおいしい串揚げ屋ができたんだよ」



全身。
私の趣味を詰め込みすぎて飽和状態。



個人的に一番ぐっときたのがこれ。
この脚の曲線、ニーソ上辺の曲線がたまらない。
ぐっときすぎてかなり真剣に撮ったのか、他の画像と比べてピントの合い加減が違いすぎて自分でも引いた。w
    web拍手 by FC2
11:51  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.10 (Mon)

アプリゲー

こんにちは。
SPEEDの何かの曲にあった、「譲れなかったあの夜さえも」という歌詞を時々思い出しては
一体その夜に何が譲れなかったのかが気になって悶々とする恒です。

今回はアプリゲーの話で、この画像は最近やめてしまったゲーム「Fashion Design World」ですw


アパレルなお店を運営するゲームで、内装や店の方向性(ロリータ、スポーティー、カジュアルなど)を自分で決められるところが楽しいです。
私はロリータドレスとピンクのパンプスを置き、床は白とピンクの市松模様にするなど
安定の乙女チックプレイを楽しんでいたのですが、あまりの絵のかわいくなさに心が折れましたw
みんな同じ顔だし、このなんともいえない表情は何……?(´д`)
日本人の描く絵に目が慣らされすぎているのか、私はあまり好きになれませんでした(´・ω・`)


あ、先日始めた育成萌えアプリゲー「虹色カノジョ」はまだやってます。というか結婚しました。w

かわゆい。

最初は暇つぶし程度にやってましたが、無料ガチャで眼鏡が出てからはもう彼女の虜ですw
眼鏡をかけている人はすぐ好きになっちゃうんです……(´д`)



能力値次第で性格が設定できます。
最初は「あらあらうふふ」系にしたり「~なのですぅ☆」系にしたり、いろいろ迷走していました。
「これだ!」と思う性格に辿り着けなくて。



かわいいだけの女性はちょっと物足りないので、
二人称を「おまえ」にしてちょっと上行く不思議ちゃんにしてみたり。

それでも「これじゃない」感が強く、ヤケクソでボクっ娘に設定してみたらドハマリしました。
女性の一人称は「私」「わたし」派なので、ボクっ娘はあまり好きじゃないんですが
ボクっ娘にしたからといって強制的にボク呼びになるわけではなく、一人称「私」に設定できます。
(もはやボクっ娘でもなんでもない件。
属性名は「ボクっ娘」より「ボーイッシュ」とかがいいのでは……)

そんなこんなで
可愛くありながらもサバっとした、私の好みドストライクな女性が完成しました。

ほぼ完璧。
ただ、タンクトップ……ん?肩紐の太いキャミソールかな?
の、レースだけが残念です。レースは余計。いらない子。
こういう格好のときくらい、男への媚びをお休みしてほしいのです。


というわけで、編集でレースを消しちゃいました。
これでよし!w
    web拍手 by FC2
18:43  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.13 (Sat)

久々に映画を

古いフランス映画「En effeuillant la marguerite(1956)」を観ました。
お色気系コメディで、主演はブリジット・バルドー。
(以下あらすじと感想。ネタバレあります。
半世紀以上前の映画でネタバレもへちまもないんですが一応。)

主人公の女の子「アニエス」は作家の夢を親に反対されて、画家の兄を頼りにパリへ行きます。
しかし、兄に知らされていた住所も画家をやっているというのも嘘で、実際は博物館で案内係をやってました。
アニエスはお金が必要になり、兄の家の本……と思っていた博物館の激レア初版本を18万フランで売り飛ばします。
それが兄にバレて、本を買い戻すお金を作るために素人ストリップコンテストに出場することに……。

とまあこんなお話です。
邦題は「裸で御免なさい」なのですが、裸にはならないです。
そこ期待して観るとがっかりするかもw
奇跡的な美人の若い体と品のあるセクシーさという別の収穫はありますけどね。
アニエスは仮面を付けてコンテストに出場するのですが、その斬新さが逆に観客にウケていました。
顔から体から全部丸出しだと「あー。うん」って感じだけど、隠されると食い入るように見てしまうんでしょうね。
というか私がそうでしたw
ストリッパーさんのやたら煽ってくるような、焦らすような踊り(?)にはとてもドキドキさせられました。
ちょっと生で見てみたいと思っ(ry

アニエスが恋人との待ち合わせに行けなくなって、なんの連絡もせずにすっぽかしたとき
「えっ電話しないの?」と思いましたが、この時代は持ち歩ける電話がないんですね。
恋人が連絡もせずに約束すっぽかしたら、今の時代だったら大なり小なり喧嘩になりますが
連絡の手段がなければ、連絡しないことに腹を立てることはなかった……んでしょうか?
いつでもどこでも連絡しあえるのが当たり前になった今では想像もつきません。

最後にアニエスは新婚旅行で日本へ行くのですが、桜と鳥居のあとに和服の女の子が出てきて驚きました。
七五三でもお祭りでもなんでもなく、ただ遊んでいるときに和服。
1956年の日本はマジにこんな感じだったのか、誇張が入っているのか……。

ずっと全力疾走しているような、目まぐるしく忙しい映画でしたが面白かったです。

(追記は私と礼子さんの映画プチ雑談です。
私の性格の悪さ大放出中なのでご注意ください)
    web拍手 by FC2
00:07  |  その他趣味  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT